平間壮一の身長プロフィール!出身高校は?出演した舞台は!

俳優

今回は俳優の平間壮一(ひらまそういち)について書いていきたいと思います。

 

平間壮一俳優?!

平間壮一(ひらまそういち)。

聞いたことはない人が多いかもしれないのでまずは、

プロフィールから書いていきたいと思います。

プロフィール

生年月日:1990年2月1日

出身地:北海道

身長:167cm

体重:55キロ

血液型:A型

特技:ダンス・スノーボード 記録石狩5位(2002年)

所属事務所:アミューズ

 

アクターズスタジオ北海道本部校出身。

同じ事務所の俳優の青柳塁斗とは

小学4年生の頃からの幼馴染で、

中学2年生の時に同じ飛行機で上京したそうです。

舞台を中心に活動する俳優で他にも

ドラマやCMなどにも出演しています。

スノーボードで記録を持っているくらいなので

身体能力がとても高く、ダンスが得意な俳優です。

 

 

身長が低いですが手足が長くスタイルが良いので

とてもダンス映えするようです。

舞台中心の役者なので現在知名度が今一つのようです。

 

出身高校は?!

平間壮一について多少分かったところで、

出身高校についても見ていきたいと思います。

出身高校

出身高校については残念ながら不明でした。

中学2年生の頃に上京し、芸能活動もその時から始めていたようですが、

高校へは進学したようです。

一緒に上京した同じ事務所の青柳塁斗とは

高校を卒業するまでは事務所の寮で

一緒の生活をしていたようで、

小さい頃から近くで切磋琢磨してきた仲のようです。

 

 

 

上京当初はかなり尖っていたらしく

 

俺はダンスしかしたくねえ!

 

と本人は言っていたそうで、

舞台のオーディションをサボっていた時期があるようです。

 

大人気ミュージカルのテニミュのオーディションもサボっており、

そんな時に事務所の先輩の岸谷五朗から

言われた言葉を”きっかけ”に役者としての道をスタートしたそうです。

今でこそ舞台役者として活躍していますが

当初はかなりとがっていたようですす。

岸谷五朗から言われた言葉が気になりますね。

 

 

ダンスを極めたいなら演技もやりなさい、”表現”の幅が広がる

 

この言葉が演技を始めるきっかけとなったようです。

当初はダンスのために演技の道へ進んだようですね。

 

そこからはダンスや演技の幅を広げダンサーや役者でもある、

表現者として舞台などでメインキャストとして活躍するなど、

世界的な演出家に認められたり、

着実にステージを上げ続けているようです。

 

そんな姿を見た幼馴染の青柳塁斗は、

最初はダンスしかやりたくないと

芝居のオーディションにも来なかった

平間壮一がハンサムライブで楽しそうに

踊っている平間壮一を見て、

とても感動したそうで、

 

 

誰よりも笑顔で踊っているのを見て感動した

ずっと仲間であり、ずっとライバル

 

この青柳塁斗の言葉は平間壮一の心に響いたようで・・・

この話は平間壮一の単独イベントでの話だったそうですが

その話の時に思わず泣いてしまったそうです。

 

 

今でも平間壮一と青柳塁斗は食事をしたり

遊びに行ったりと、とても良い関係のようです。

 

平間壮一はとても泣き虫で、

上京する際に母と別れなければいけない時に

泣いてしまうほどだったそうなので

長い間一緒だった青柳塁斗が幼馴染であり、

家族同然なのかもしれないですね。

 

テニミュ初代メンバー青柳塁斗の筋肉が凄い!斎藤工と仲良し
青柳塁斗についてのまとめ。肉体は俳優として知られ、アクロバット、ダンスなど身体能力を生かした演技が得意な俳優。プロフィール。テニミュ初代メンバー!!斎藤工とは仲良し?!インスタの筋肉が凄い!筋肉の画像。

 

 

どんな人?!実は○イ?!

次は平間壮一の性格や好みなどの人物像に迫りたいと思います。

意外な一面もアリ?

運動神経が凄いのに実は○○○○?

人物像

平間壮一の性格は”極度の恐がりで泣き虫”のようです。

 

 

平間壮一が6歳の時にゲームの『バイオハザード』の

ゾンビが出てくるシーンをおじさんの部屋で見たことが

きっかけでホラー映画などホラー全般はダメになったようです。

 

ちなみに大人になった今もお化け屋敷に一人で入るのは無理のようです。

平間壮一はかなりの恐がりのようですね。

男らしさが全くないようですが、

平間壮一は可愛い系のイケメンなのでそれすらもプラスですね(笑)。

 

 

共演者からの評判は

 

「とても真面目で、いつも明るくてニコニコ笑っているし、

基本的にいい人だけど、たまに毒を吐く

 

と意外な一面もあるようです。

詳しいことはわかりませんが毒を吐くというのはとても気になりますね。

どんな毒を吐くのでしょうか?

 

共演者からの印象にもう一つ興味深いものがありました。

なんでも初めて会う人や共演者の人にゲイ?

なのかと思われることが多いようです。

 

 

共演者の知念里奈もそういったことを

周囲に聞いていたようで平間壮一がインタビューで

 

あの方はゲイなの?』と周りに聞くような感じで……(笑)。

 

ゲイ?なんでしょうか?

どうやら平間壮一はいつもニコニコしていて

表情や物腰がやわらかいためゲイっぽい印象を与えていたのが原因のようです。

男らしく振舞うタイプではないため誤解を受けたようですね。

 

 

そのことに対してはインタビューでも、

 

「自分の中では男の子だと思っているんですけど……

もしなにか(きっかけが)あったら、

男の子のことを好きになったりするのかなと、

(心の)どこかで思ったり(笑)」

 

ゲイであることは、はっきりと否定しているようですね。

・・・現在は(笑)。

 

将来的にはわかりませんが今は女の子が好きみたいですね。

上の画像のようにドラァグクイーンをやっていることなど、

(ドラァグクイーンは、男性が女性の姿で行うパフォーマンス)

平間壮一はセクシャルマイノリティーの役なども

多くこなしているためそう言ったイメージもあるようです。

 

 

しかし、そう思われ、誤解を受けるのも役者として

評価されている証拠なのかもしれません。

役者冥利に尽きますね!!

 

他の共演者で仲の良い間柄の松下優也も

平間壮一については演技指導や歌唱指導で

納得がいかない事や自分が思った事は、

ハッキリと言い、譲らないそうです。

 

 

そういったところに対して松下優也は、

 

そんな一面が、彼のいい所だ

 

と評価しているようです。

 

アーティストとしても活躍している

松下優也にも一目置かれているようです。

 

松下優也はべっぴんさんやインハンドで完璧な英語を披露?!
松下優也(X4)についてのまとめ。べっぴんさんやインハンドなど俳優としても活躍している松下優也。ドラマ「べっぴんさん」「インハンド」での英語が完璧?!プロフィールや経歴・家庭環境・彼女や親子関係は??

 

そういったこだわりを見せる部分が

セクシャルマイノリティーの役柄を演じたりすることで、

平間壮一も本当はゲイ?

と思われる説得力を持たれる所まででつながっているのかと思います。

 

ちなみにその反動?からか、

本人は

 

男らしい役。ケンカっ早い“THE 男”という役をやってみたい

 

とも言っているようです。

イメージがついてしまうと同じような役ばかりになってしまうことは

多いので難しい所でもありますね。

 

 

実は○○○○?!

 

運動神経抜群で舞台で華麗にダンスをこなしている平間壮一ですが、

実はカナヅチのようです。

このことは事務所のスタッフも知らなかったことのようで、

身近な人間もとても意外だったようです。

本人もできるようになりたいことに、

泳げるようになりたいと言っており、

 

 

「泳げるようになりたい」

「めっちゃ動けるイメージがあると思うけど、泳ぎだけはできないんです(笑)」

 

一生懸命泳いでも全く前に進まないようで、

運動神経のよい平間壮一でも泳ぎだけはダメなようです。

北海道出身なので、泳ぐ機会はあまりなかったのかもしれないですね。

 

 

出演した舞台は?!

平間壮一が過去に出演した代表的な舞台の役柄を何作か書いていきたいと思います。

平間壮一 舞台

『RENT』

 

『RENT』は1996年にニューヨークの小さい劇場で誕生したミュージカル。作者のジョナサン・ラーソンが「今の時代に生きるミュージカルを作りたい」と、イースト・ヴィレッジに生きる若者たちを主人公に描いた作品です。

 

ストーリーは、

 

1989年 ニューヨーク芸術家たちのニューヨークの暮らしが描かれています。
彼らには「人種・セクシュアルマイノリティ・麻薬・エイズ」など様々な個性や悩みがあります。それぞれの出会いや別れ、人生が描かれ、「今を生きる大切さ」が最後に歌われます。

 

 

エンジェル役

 

平間壮一が演じるエンジェルは

ドラァグクイーンでゲイの青年であり、

HIVポジティブの役柄。

普段から物腰の柔らかい平間壮一には

最適の役だったようです。

 

『ゴースト』

 

温厚で誠実な銀行員のサム(浦井健治)は、
陶芸家である最愛の恋人モリー(咲妃みゆ/秋元才加)と幸せな日々を送っていた。
ある夜、外出先から家路を辿る道中にモリーは
「あなたと結婚したい」とサムに打ち明ける。
これまで彼女が避けていた突然の結婚の話題に戸惑いを隠せないサム。
そんな彼にモリーは「愛してる?」と問いかけてもいつも曖昧に答え、
なぜかきちんと言葉にして伝えてくれないのか不安な気持ちをぶつける。

その時、暗がりから一人の暴漢が二人に襲いかかる。
サムは男と揉み合いになり、転倒し狼狽するモリーの声が響き渡るなか、
一発の銃声が夜の路地を引き裂いた。
必死の追送も敢え無く、闇の中へ消え行く音のの姿を見やったサムが、
モリーの元へ戻ると、そこには彼の名前を呼び続け縋り泣くモリーと、
血だまりに沈む自分の姿があった・・・。

 

カール・ブルーナー役

 

平間壮一が演じるカール・ブルーナーは

主人公のサムの親友として登場するようですが、

悪役のようで難しい役どころのようです。

 

『ロミオ&ジュリエット』

 

マキューシオ役

 

マキューシオはヴェローナ太閤の甥でロミオ、

ベンヴォーリオと同じくモンタギュー家の若者の一人で血気盛んな問題児。

割と男らしい役柄のようです。

 

『髑髏城の七人~Season月ー上弦の月ー』

 

劇団☆新感線としても初挑戦となる2つのチームが交互に上演を行うダブルチーム制を導入した『髑髏城の七人』Season月。

演劇界をこれから背負っていくであろうキラ星のごとき若手注目株を中心に小劇場出身の通好みの俳優も顔を揃える絶妙なキャスティング!

“上弦の月”チームには福士蒼汰、早乙女太一、三浦翔平、須賀健太、平間壮一、高田聖子、渡辺いっけいが出演。

これまで以上にフレッシュな顔ぶれが揃い、見応え十分の『髑髏城の七人』が誕生いたします!

 

霧丸

 

『霧丸』という役はは元々は

『沙霧』という女性の役だったものを

性別と役名を変えたものを演じるようです。

 

平間壮一は舞台の出演経験がとても多く、

ここにはとても書ききれませんが、

舞台中心に活躍している俳優のため知名度は

それほど高くはないようです。

 

最近では上記の髑髏城のようなテレビでも

有名な俳優が多く出演している舞台への

出演も増えていますから

これからどんどん知名度も高まっていく俳優だと思います。

平間壮一の今後の活躍がますます期待されます。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

平間壮一についてのまとめでした。

コメント