柳喬之(やなぎたかゆき)仮面ライダーゴーストの御成の今はニューヨーク?!

俳優

俳優の柳喬之(やなぎたかゆき)についてのまとめ。柳喬之といえば仮面ライダーゴーストで住職の御成役など俳優としても、モデルとしても活動しています。

プロフィール

柳喬之(やなぎたかゆき)1990年8月6日 俳優・モデル

185cm A型 鹿児島県出身 熊本大学法学部卒業

趣味:音楽鑑賞、映画鑑賞 特技:バスケットボール

「仮面ライダーゴースト」の山ノ内御成役などで知られる俳優です。2018年7月にニューヨークへと拠点を移し、モデルとしての活動を始め、2019年3月14日にニューヨークにあるモデル事務所の「RED Model Management」へ所属が決まったことをインスタで報告し、ニューヨークでモデルとしても活動を開始しました。

 

現在は?!

ニューヨークでモデルとしても活動しているというのは本当でしょうか?仮面ライダーゴーストの御成の天然ボケでムードメーカーだったイメージからは考えられない変化ですが、調べてみたいと思います。

ニューヨーク モデル

この度、RED Model Managementに所属することになりました!
ニューヨークに来てから少しずつやってきたことが形になってくようで、嬉しいです。
またここから新たなスタートをきるので、これからも応援よろしくお願いします

3月14日にインスタグラムにてモデルとして活動を始めたことを報告されました。慣れない土地で大変そうですが頑張ってほしいですね。自身のブログ「眺める」にはなれない土地での苦労や生活の大変さなどが語られています。

御成のイメージが強かったためモデルの撮影しているところをインスタで公開すると「御成がカッコよすぎて頭が混乱している」「え、公式に遊ばれてまくってたあの御成? 本当に?」といったコメントがあったようです。

柳喬之が演じていた御成役は、仮面ライダーゴーストでは主役の天空地タケル役(西銘駿)を手助けする大天空寺の住職代理で、感情の起伏が激しくムードメーカー的存在で放送当時はその行動や発言から人気のあるキャラクターだったようです。

「ターケール殿~!不可思議な事件発生ですぞ!」
「答えは、あなたの心にある」
「変身とは…!なんと羨ましいっ!!」

タケル殿ォォ~!!」と絶叫するような印象的なキャラクターだったようです。ネタキャラ的な人気ですが一部でとても人気だったようです。

これが↑これ↓ですからね。

以前を知っている人がびっくりしてしまうのも無理はありませんね(笑)。日本には世界的なモデルがほとんどいないのでトップモデル50にも選ばれたことのある上田大輔のように世界的なモデルになれるように頑張ってほしいですね!!。

上田大輔(モデル)の画像!彼女はすみれ?現在は??
トップモデル上田大輔についてのまとめ。画像大量。彼女はすみれ??モデルになったきっかけなど上田大輔についての気になる情報について調べました!気になる情報をチェック!!

御成を演じるにあたり実際にスキンヘッドにしていたため、髪の毛が生えた際は仮面ライダーで共演した西銘駿もとても驚いていたようです。

特に仮面ライダーゴーストの天空寺タケル役だった西銘駿の驚きが凄かったようです。のオフショットでは柳喬之の頭をバリカンでそる西銘駿の姿もありました。約1年間にわたり撮影で時間を共にしたので髪のある柳喬之への驚きようは人一倍のようです(笑)。

共演者でさえ髪の毛が生えているだけでこの驚きようですから、御成を知る視聴者からするとニューヨークでのモデルデビューがどれだけびっくりしたかがよくわかりますね!!面白キャラから海外でモデルですからねギャップが凄まじいです。

西銘駿の高校は?性格は聖人で難病?!兄弟は?兄がいる?!
俳優の西銘駿(にしめしゅん)についてのまとめ。仮面ライダーゴーストに大抜擢された注目俳優の出身高校や兄弟についてなど性格や気になるうわさなどについてのまとめ。聖人?!難病の子供にエールなど。
西銘駿はかわいい?似てる芸能人は?!演技が下手??
西銘駿(にしめしゅん)についてのまとめ。仮面ライダーゴースト、プロフィール、身長は?出身地かっこいいよりかわいい?似ている芸能人は○○!演技が下手と話題?!

 

人物像は

モデルの仕事をするために海外まで行くというのはかなりの行動力の持ち主のようですがどんな人なんでしょうか?

芸能界 きっかけ

芸能界へのきっかけは、最初は「ラジオの仕事がやりたいな~」くらいだったそうですが役者のほうが広がりがあると考えて俳優を目指したようです。舞台などで活動し歌やミュージカルなどもやっていたようです。人前に立つのは好きで緊張はあまりしないようです。柳喬之はオーディションサイトのnarrowに履歴書を送り、ボックスコーポレーションからデビューしたようですが事務所の人からは顔立ちや写真写りがよく、佇まいが綺麗で存在感があると思ったそうですが、当時国立大学の4年生だったため、地元に残って就職することを薦めたようですが、本人の「それでもやりたい!」と強い熱意としつこさに負けて採用を決めたようです。海外を目指すバイタリティはこのころからあったようですね。インタビューでもこれだけは負けないことに”度胸”を上げているだけありとても肝が据わっているようです。

いかがでしたでしょうか?今後日本だけでなく世界でも活動の幅を広げている柳喬之。今後の活躍がたのしみですね!最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント