坂口憲二の現在は医師免許を取得している?引退する?!

俳優

今回は俳優の坂口憲二(さかぐちけんじ)について書いていきたいと思います。

坂口憲二の現在は

坂口憲二といえば、以前はドラマやcmなどで見ない日はないといった感じでしたが現在は病気療養中のため芸能活動については休業中になっています。現在はどうしているのか?医師免許を取得しているとの話もあるみたいなので、そのことについて書いていきたいと思います。

2015年に、国が指定する難病である「突発性大腿骨頭壊死症」と診断された後、すぐに手術しました。その後はリハビリのため、体への負担を考えて主にナレーション業などを中心に活動をしていましたが3月31日に所属事務所を通じて無期限の活動休止を宣言しました。突発性大腿骨頭壊死症は

「股関節の付け根にある骨が血流の低下で壊死する難病で、壊死した骨が潰れたり変形して激しい痛みが出る。原因ははっきりしませんが、アルコール摂取やステロイド使用が関連するといわれます。治療は、骨の一部を切断して骨の角度を変える『骨切り』や人工関節に変える手術が一般的です」

人工関節では生活などの不便もあるらしく、今後のことも考え手術を選択したようです。現在はリハビリを兼ねて趣味であるサーフィンを無理のない範囲で楽しんでいるようです。

生活のほうは2014年3月に結婚された奥様が面倒を見ているようです。奥様は高級料亭で働いていたようですが、現在は東京赤坂にある飲食店を経営されているみたいです。坂口憲二のほうはリハビリの傍らに奥さんの手伝いをしつつ長男と次男の面倒を見ているようです。

一時は杖を突いている姿も見られましたが、現在はしっかりと歩行もできるようで、自転車に乗る姿も確認されています。

芸能界引退の噂もありましたがそれについては自身ではっきりと否定しており

辞めるのではなく、今は休業中

病気とうまく付き合える自信がつくまでの時間をもらった

1日も早い復帰が望まれまれますね。復帰してまたすぐに体調をくずしてまた休業などになってしまわないように万全を期するための準備期間のようです。2019年の2月2日にモデルの加藤澪のインスタに元気な姿が登場しています。

画像を見る限り、現在は本当に調子が良いようです。治療法がなく一生付き合っていかなくてはいけない病気なので慎重に対処しているようです。突発性大腿骨頭壊死症は今のところ原因などはわかっている部分が少なく世界中で研究中であるので現在はわかりませんが治療法なども今後でてくるとおもうのでなんとか頑張ってほしいですね!!

坂口憲二が医師免許を取得?

医師免許取得の噂がありますが、現実的に考えてありえないんではないかとは思います。医師になるには以下の条件が必要ですし、

医師になるには、まず医師試験(国家試験)に合格する必要があります。
医師免許を取得し、さらに2年間研修医として臨床経験を積むことで、正式に医師として医療行為を行うことができます。
国家試験の受験資格には次のような条件があります。

(A)
学校教育法に基づく大学において、医学の正規の課題を修めて卒業した者。

(B)
医師国家試験予備試験に合格した者で、合格した後1年以上の診療および公衆衛生に関する実地訓練を経た者。

(C)
外国の医学校を卒業し、または外国で医師免許を得た者であって、厚生労働大臣に(A)(B)に掲げる者と同等以上の学力および技能を有し、かつ適当と認定した者。

(D)
沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令の適用の特別措置等に関する政令第17条第1項の規程により、医師法の規定による医師免許を受けたものとみなされる者であって、厚生労働大臣が認定した者。

ましてや病気で療養中である坂口憲二が医師を目指すというのは現実的に無謀とも言えますね。医師になって難病を自分の力で治すという創作じみた感じから根も葉もない噂である可能性が高いです。ただ代表作の医龍で見られるように坂口憲二の白衣姿はとてもよく似合っていますからね。現実で医者になるのではなく以前のようにテレビなどで医者になってほしいですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント