水沢氷魚の父と母は誰?目の色はハーフだから?カラコン?

俳優

今回はモデル・俳優の水沢氷魚(みやざわひお)について書いていきたいと思います。

父親母親?!

men’s nonnoでモデルとして活躍し、俳優としてもドラマ「コウノドリ」や「偽装不倫」などでも話題の水沢氷魚ですが父親と母親も芸能人のようで2世タレントのようです。そのことについて書いていきたいと思います。

父親

水沢氷魚の父親は元THE BOOMボーカリストの宮沢和史(みやざわかずふみ)です。現在もシンガーソングライターとして活動を続けています。THE BOOMといえば「島唄」や「風になりたい」などヒット曲も多く今でもカラオケの定番曲として親しまれています。水沢氷魚が芸能界を志したのもこの父の影響のようでこうコメントしています。

父が、この芸能界で“仕事がある”ということがすごいですし、デビューしてから長年、そのポジションを維持し続けられている父親をとても尊敬しています

宮沢和史のライブをみたことでいつか自分も人前に立って人を感動させたいと考え、大学生の時に自分で現在の事務所であるレプロエンターテイメントへ履歴書を送ったようです。父親の宮沢和史からは「簡単な世界じゃないけど、やりがいはある」と言われているようです。

母親

母親は光岡ディオン。父親が日本人で母親がアメリカ人のハーフのようです。テレビの情報番組などでコメンテーターなどをしており、タレントとして活動しています。

パーソナリティー。神奈川県出身。国際基督教大学教養学部語学科卒業。 主として音楽番組やCNNニュース・日本語版のナビゲート役等を中心として活動していた。1994年にTHE BOOMのボーカリスト・宮沢和史と結婚後も育児との両立をしながらタレント活動を継続している。

宮沢氷魚はアメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ、東京都育ちで母親の光岡ディオンの通っていた国際基督教大学は水沢氷魚も通っており、幼い頃からインターナショナルスクールに通い、国内で高校を卒業した後は、アメリカのカリフォルニア大学へ留学。その後、国際基督教大学(ICU)へ編入しました。母親がハーフなので水沢氷魚はクォーターのようです。

 

目の色は?!

瞳の色が明るいため、混血なのかカラコンを入れているのか一部で言われているようですが、そのことについても書いていきたいと思います。

目の色

クォーターの水沢氷魚ですが、色素が薄いのは生まれつきのようです。カラコンなどではなかったみたいです。小さいころから目の色も髪の色も明るい茶色だったようで、髪の色は今よりももっと明るい色をしています。

生まれつき明るい目の色をしていますが、やはりハーフである母親の影響が強いのでしょうか?母親の光岡ディオンの画像と比べて確認したいと思います。

こちらが光岡ディオンの若いころですが、とても美人ですが目の色や髪の色は黒ですね。

母親である光岡ディオンはハーフですが髪も目も黒いので水沢氷魚がクォーターだから明るい色をしているわけではないようです。どうやら目の色に関しては父親の影響が強いらしく、父親の宮沢和史も色素が薄く目の色が明るいようです。

髪は染めている可能性はありますが、現在では髪は黒っぽいですね。現在の髪は黒っぽい宮沢和史ですが、若いころは今よりも顕著で髪も目も明るい茶色をしています。

髪や目の色だけでなく顔つきもとてもよく似ています。父親のライブで観客席にいるとファンの人たちから息子かどうか尋ねられることが多いようです。やっぱり似ていますから顔を見ただけでわかってしまうようです。宮沢和史を尊敬しそっくりな水沢氷魚ですが、芸能界を目指しても歌に自信がなかったため父と同じ職業は選ばなかったようです。

宮沢氷魚と父親がそっくり?!父は歌手だけど歌はヘタ?!
宮沢氷魚(みやざわひお)についてのまとめ。宮沢氷魚と父親の宮沢和史がそっくり?!宮沢氷魚は韓国のアイドルともそっくり??【BTSジミン/NCTジェヒョン】父親はTHE BOONの歌手だけと歌はヘタ?!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。宮沢氷魚についてのまとめでした。

コメント