鷲見玲奈アナウンサーはサッカー少女!父親が鬼コーチでスパルタ!

アナウンサー

今回はテレビ東京の

鷲見玲奈アナウンサーの

サッカー少女時代や

その後のサッカーとの関わり

についてまとめたいと思います。

 

サッカー少女時代

スポーツをしているイメージは

あまり、ありませんが

子供の頃はサッカー少女だったようです。

 

運動神経もかなり良いようで

鷲見玲奈アナはサッカーを

幼稚園から始め、小学校の6年間と

中学1年生の途中までやっていました。

 

(画像引用:http://calyptus.blog11.fc2.com/blog-entry-1182.html?sp)

 

(画像引用:http://calyptus.blog11.fc2.com/blog-entry-1182.html?sp)

 

小学校6年生の時には

チームをキャプテンとして率い、

岐阜県大会で優勝し、

全国大会に出場しました。

 

サッカー経験は全国大会レベル

ということなので鷲見玲奈アナは

かなり本格的にサッカーに

打ち込んでいたようですね。

 

(画像引用:https://matome.naver.jp/odai/2143321967808433801)

 

鷲見玲奈アナは当時、

2002年の日韓ワールドカップ真っ最中

だった時に6年生で、

日本中がサッカーに熱狂していた時期に

本格的に、サッカーに取り組んでいたので

今でもサッカーに対する想いは

人一倍強いようです。

 

(画像引用:https://soccer-samurai-blue.com/nakamura-shunsuke/)

 

鷲見玲奈アナが小学生の頃は

まだ、なでしこジャパンが

今のように活躍していないので

当時は中村俊輔選手に

あこがれていたそうです。

父親が鬼コーチでスパルタ!

 

サッカー少女だった鷲見アナの子ども時代の習い事を質問!/FOOT×BRAIN

 

サッカーは兄と弟の影響で始め、

父親がコーチでした、

そのため父親は練習の帰りに

ダメだったところを追求し

毎回怒られて、

時々泣いていたようです。

 

そんな時は

いかに逃げるかということしか

考えていなかったようで

苦しいことも多く

サッカーは単純に自分がプレーするのが

好きで続けていたようですがつらいことも

多く辞めてしまったようです。

 

(画像引用:https://www.jfa.jp/match/EAFF_E1_Football_Championship_2017/news/00015665/)

 

コーチの父親はとても

厳しかったようですが、

父親が言うには

続けてたら、なでしこ入れたのに」と

何度も言われているようです。

 

厳しかったのは期待の裏返しだったのかもしれませんね!

ただ、あの時辞めていなければアナウンサーには

なっていなかったのかもしれないので

そういう意味では父親に感謝しているようです。

 

アナウンサーではなくなでしこジャパンで

活躍する鷲見玲奈もぜひ、見てみたいですね!!

 

サッカーを辞めてからは芸能活動

をしており、小さな芸能プロに所属し、

深夜番組『お願い!ランキング』などに

不定期で出演していました。

 

(画像引用:https://futaba05.com/archives/19483)

 

高校生の時の鷲見玲奈アナの画像です。

今とあまり変わらずお綺麗ですね。

 

(画像引用:https://trendnews.tokyo/?p=15379)

 

中学生の時にサッカーを止めて以来

サッカーとの関わりは

なくなった鷲見玲奈アナですが、

アナウンサーになってから

最初のインタビューが

とても衝撃的だったそうです。

 

(画像引用:https://number.bunshun.jp/articles/-/825653)

 

最初のインタビューが小野選手、

というのは衝撃的でした。

あまりの緊張で、

何を聞いたのかも忘れてしまいました。

でも、感動しました。

 

アナウンサーになったら、

こういう選手にインタビュー

させてもらえるんだって。

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/WebSportiva_086250/?p=4

 

小野選手へのインタビューは

有名な選手と直に触れ合える

仕事だということを初めて、

実感したインタビュー

だったようですね!!

 

2016年10月5日に

鷲見玲奈アナがアップしたツイッター

がネット上で絶賛されています。

 

 

サッカーに関する取材が事細かくされており

内容は戦術にも言及されているようです。

おまけに字もキレイと各所で絶賛されたようです。

 

ネット上では

 

「女子アナってすごいんだな」

「これはちょっとすごい」

 

と反響を呼びました。

女子アナウンサーの

勉強量はすごいようですね。

 

本人は今回の反響については

 

私の粗雑なノートをお褒め頂き

ありがたいのですが、

この程度は当然のようにやっている

先輩方ばかりですし、

謙遜ではなく本当に、

私なんてまだまだです。

 

アナウンサーの仕事って、

100勉強して10出せれば充分すぎるくらい、

勉強や取材が大切だったりするんですよね。

(あえての100分の10)

引用:https://twitter.com/sumi_reina/status/783674691407917056

 

とコメントしています。

 

ノートには戦術以外にも様々なことを

書いてあるらしく、

 

戦術などを記したルーズリーフに重ねられた、

画像でいえば右端のノートには、

選手の一覧が記載されている。

すべてではないが、

選手名の隣には時折

「右ウィング」や「ケガ」など、

個々の選手の状態に関するメモがる。

引用:https://biz-journal.jp/gj/2016/10/post_1463.html

 

一人ひとりの選手まで把握しておかないと

いけないという仕事なので、

本当に大変な仕事のようですね!!

 

ただある選手に関して

辛辣?」なことを

書いているようです。

 

その選手というのは

Jリーグ・サガン鳥栖所属の

金崎夢生(かんざき むう)選手です。

 

 

(引用:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=44588)

 

金崎夢生選手。今年8月20日、

J1セカンドステージ第9節

湘南戦ベルマーレ戦で交代を命じられ怒り爆発、

ベンチでふんぞり返る、交代させた監督に

詰め寄るなど「暴挙」に出て、

それを見ていた日本代表を率いる

バヒド・ハリルホジッチ監督から

「代表追放」のような厳しい

評価を下されたことで注目の的となった選手だ。

引用:https://biz-journal.jp/gj/2016/10/post_1463.html

 

金崎夢生選手というのは

途中交代など不満があると

怒りを露わにして監督に詰め寄って、

激しく口論したり一部で評判が

良くない選手のようです。

 

他にも、

元日本代表の闘莉王選手と口論し

一触即発になったり、

U-22日本代表候補合宿の練習中、

柴崎岳と激しい口論になり、

掴み合いまでしています。

 

そんな金崎夢生選手については

鷲見玲奈アナのノートに名前の横に一言

 

素行

 

とだけ書いてありました。

 

他の選手がポジションや

状態のコメントなのに、

一人だけ「素行」というのは

少しかわいそうですが・・・・。

 

女子アナもシビアな仕事なので

ドライに判断した結果が、当時の

金崎夢生選手を一言で表現するとしたら、

こういう表現が的確だったのかもしれませんね。

 

アナウンサーはサッカーにも

関わる仕事なので小さい頃に

培った経験が生きているようですね。

サッカー関連番組の『FOOT×BRAIN』MCとしても

活躍しているので今後も楽しみですね。

鷲見玲奈のサッカーについてのまとめでした。

コメント