小林太郎のまとめ。仮面ライダーやグラブルに楽曲提供!!

アーティスト

今回は歌手の小林太郎について書いていきたいと思います。

 

仮面ライダーアマゾンスの主題歌『armour zone』や

『die set down』を担当し注目度が上昇中の

シンガーソングライターです。

グラブル(グランブルーファンタジー)では

BGM『Paradise Lost』を提供し、

現在も精力的に活動しています。

 

外見はとても男らしい感じですが、

外見からわかるとおりゴリゴリで

骨太なサウンドとハードな楽曲が魅力です。

タイアップを活かしながら幅広い層から支持を集めています。

 

小林太郎天才

小林太郎は何かと天才といわれるみたいです。

いったいどのような所が天才なのでしょう?

小林太郎とは?

 

 

静岡県出身のシンガーソングライター・小林太郎。

2008年に人気テレビ番組「ストリートファイターズ」の

番組内の企画に、小林太郎がギターボーカルを

務めるバンド・小林太郎とマサカリカツイダーズとして

出場し、見事優勝し翌年にはソロ活動を発表。

 

続く2010年にはファーストミニアルバム

『Orkonpood』を全国リリースした。

 

同年にはサマーソニックを始めとした

大型フェスに16本も出演するという、

新人では異例の活躍を見せ、

その勢いのままセカンドアルバム

『DANCING SHIVA』を同年内に

リリースし、全国ツアーを敢行。

 

ソールドアウトを続出させるという

人気と確かな実力を見せる。

 

2011年には小林太郎とYE$MANという

名義でバンド活動を始め、

ソロとしての活動は一時停滞したが、

翌年にはソロ活動再開を発表。

 

2013年にはファーストEP

『MILESTONE』を機に、

ついにメジャーデビューを飾る。

以降もフルアルバム、

シングルのリリースを重ね、

ROCK IN JAPAN FESTIVALや

COUNTDOWN JAPANにも

継続で出演するなど、

大きな舞台で活躍する小林。

現在は、前レーベルから独立し、

自身のレーベル・MOTHERSMILK RECORDから

活動し、より自分らしいやり方で音楽を発信している。

 

やはり小林太郎を一言で、

形容するならば『天才』という

言葉がふさわしいようです。

 

十代の頃からその才能を発揮し

現在では自分のレーベルまで

持っているのは並大抵ではありませんね。

 

 

歌が上手い??

小林太郎はギターや作詞・作曲だけでなく、

その歌唱力にも定評があるようです。

小林太郎 歌

激しくハードなロックサウンドを得意とする

小林太郎ですが、ファーストミニアルバム

『Orkonpood』に収録の「美紗子ちゃん」などに

みられる温かくて切ないバンドサウンドなどの

幅の広さも持っています。

 

 

この曲はTRICKのスピンオフ作品

『警部補矢部謙三』の主題歌として起用され

ノスタルジックな空気感が評価され

幅広い年齢層のリスナーを獲得しました。

 

小林太郎のボーカルは少ししゃがれた声が

特徴的で繊細な表現を得意としており

歌が”上手い”と評判です。

さらにこちらの曲は

mステでも披露されたことでも人気を博しました。

 

 

小林太郎の身長は?

小林太郎の身長は高いのではないかとの噂が

あるようなのですがどうなんでしょうか?

小林太郎 身長

結論からいいますと残念ながら公式サイトの

プロフィールなどにも小林太郎の

身長は書いてありませんでした・・・。

 

ですが、写真などから予測ができるので、

予想をしてみたいと思います。

 

 

こちらの写真は小林太郎と俳優の谷口賢志(たにぐちまさし)

ですが谷口賢志の身長は180cmのようなので

若干、前に出ている小林太郎の身長は

175cm~178cmくらいが

妥当なんじゃないかと思います。

 

低くはないのは確実ですね!!

実際に見た人によると結構

がっしりとしているようです。

 

アーティストですし、プロフィールに

身長などの記載もしないようですね。

 

音楽の才能だけでなく身長も高いようです。

おまけに顔もイケメンなので最強ですね。

小林太郎のプロフィール

 

 

名前:小林太郎(こばやしたろう)

生年月日:1990年6月26日(年齢29)

出身地:静岡県浜松市

血液型:AB型

身長:不明(推定175cm~178cmくらい?)

体重:不明

所属レーベル:Driftwood Record(2009年~2011年)→STANDING THERE,ROCKS(2012年~2015年)→日本コロムビア(2016年~2017年)→MOTHERSMILK RECORD

 

 

mステに出演??ジャニオタ!!

前述したとおりミュージックステーションに出演しました。

その中で小林太郎に事件があったようです。

mステに出演

小林太郎がmステに出演した際ちょっとした事件があったようです。

小林太郎はアルバム『Orkonpood』収録の

「美紗子ちゃん」を披露したのですが、

 

 

この日の出演者の中にはV6の岡田准一がおり、

小林太郎のアルバムを持っているようで、

mステ出演時に話しかけられたようです。

 

この時のことをツイッターでコメントしており、

よほどうれしかったみたいです。

 

 

どうやら小林太郎は岡田准一の信者(笑)

になってしまったようです。

 

意外な人が自分のアルバムを持っていて

感極まったようです。

小林太郎は無事ジャニオタ化したようです(笑)!!

小林太郎の性格

音楽はゴリゴリのロックで見た目は革ジャンの

似合う男らしい彼ですが性格は責任感が強く

とても真面目のようです。

 

 

曲を作ったり歌詞を書いたりするのは

ミュージシャンとして長年やってきた

今でも苦痛を感じているようです。

 

音楽を聴いたり、人の歌詞を読んだりするのも

曲を作るために聞いているようで

責任感が強くプロ意識からのようです。

 

小林太郎は絵を描くことが好きで

漫画家になろうとしていたようですが

漫画家について調べていくうちに

自分には無理だと感じ音楽の仕事を選んだのも

昔からやりたいと思えたことと

他の仕事ができないと思っていたことからのようです。

 

好きなことの中でもできることとできないことを

考えて選べるというところにも

本人の責任感の強さがうかがえますね!!

 

ロックミュージシャンというと

破天荒で向こう見ずな感じの人が多い印象ですが

小林太郎は真逆でそれが彼独自の音楽性に繋がっているようです!

 

 

真面目な小林太郎ですがお茶目な一面もあるみたいです。

これは仮面ライダーアマゾンの真似をしている小林太郎。

おススメアルバム・人気の曲

1stアルバム『Orkonpood』がおすすめです。

 

 

収録曲はゴリゴリのロックチューンの「ドラグスタ」や

ドラマ『警部補 矢部謙三』主題歌に起用されて

話題を呼んだ切ないバラードの「美紗子ちゃん」など

ファーストにして小林太郎の才能を感じさせるアルバムになっています。

 

 

「鴉」Major 1st EP『MILESTONE』に

収録されている曲で孤独をテーマにしたバラードです。

 

 

「飽和」軽快なリフが特徴的な一曲です。

サビの伸びのあるヴォーカルが印象的です。

 

 

「IGNITE」この曲はHARLEY-DAVIDSONを

イメージして書き下ろされた物だそうで、

エンジン音を彷彿とさせるドラムや

荒々しく刻まれるギターリフ、

イントロから強烈な突き抜けた印象を残すロックな一曲になっています。

結婚はしている?

小林太郎は結婚をしているようです。

 

 

相手は一般の方で2016年に結婚されたようです。

2017年に自身の公式サイトで発表がありました。

イケメンの高身長で音楽の才能もある

小林太郎ですから当然と言えば当然かもしれないですね。

 

小林太郎についてのまとめでした。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

コメント