鎌苅健太と小嶋陽菜は兄弟?!兄は?ストーカーで休養?!

俳優

今回は俳優の鎌苅健太(かまかりけんた)について書いていきたいと思います。鎌苅健太は、通称テニミュ(漫画『テニスの王子様』を原作とする同名ミュージカル)で宍戸亮を演じ人気になった舞台俳優です。妻は女優でモデルの芳賀優里亜(はがゆりあ)です。

プロフィール

鎌苅 健太(かまかり けんた、1984年2月17日 – )は、日本の俳優、声優、歌手、タレントである。大阪府大阪市浪速区日本橋出身。ヤザ・パパ所属。血液型はB型。身長172cm。体重56kg。足のサイズは26cm。右利き。妻はファッションモデル、女優の芳賀優里亜。

 

小嶋陽菜とは兄弟?!

鎌苅健太が元AKB48の小嶋陽菜(こじまはるな)と兄弟?ではないかと話題のようです。

小嶋陽菜 兄弟

小嶋陽菜の弟が『笑っていいとも!!』出演した際に、鎌苅健太とそっくりだったため誤解されたようです。なにより鎌苅健太のほうが小嶋陽菜より年上ですし無理があるようです。”似ている”と言われていたのがいつしか””と言われるようになったようです。こちらがテレビ出演した時の小嶋陽菜の弟ですが鎌苅健太に似ているでしょうか?名前は小嶋遼というそうです。

こちらが間違えられた鎌苅健太ですが、何となく顔つきや髪形などが似通っている感じがしますね。

視聴者の勘違いから始まった噂のようです。この噂から兄弟疑惑だけでなく小嶋陽菜が元カノ疑惑など色々な噂が広まってしまったようです。

 

兄弟は

鎌苅健太には兄が一人いるそうです。どんな兄弟なんでしょうか?

鎌苅健太 兄

鎌苅健太はビリヤードの腕前が芸能界一ともいわれておりクラスAの腕前のようです。そのビリヤードは兄の影響で始めたようです。お兄さんも上手なんでしょうか?鎌苅健太は実家が代々履物問屋を営んでいたようで、兄はそちらを継いだようです。

 

ストーカー被害で休養?!

鎌苅健太が一時ストーカー被害で休養したとの噂があるようです。

ストーカー被害 休養

一時期病気を理由に一定期間芸能活動を休止していたようです。2007年1月ミュージカル『エア・ギア』に主演南樹(みなみいつき)役として初座長を務め初演が大好評をおさめたためすぐに再演が決まりましたが主演の鎌苅健太が急病のため同年4月より芸能活動を休止しました。病気については明かされずに詳細がわからなかったため”様々な憶測”を呼びました。2008年の自身の誕生日である2月17日に復帰し、同年7月にミュージカル『テニスの王子様』で芸能活動を再開したようです。復帰後も詳細な休止理由は公表されずわからないままのようです。休止期間中はオフィシャルファンクラブもなども新規入会を一旦休止にするなど突然のことに多くファンは混乱し、スポニチには「病気の詳細は非公表」、日刊スポーツには「練習による激しい過労が原因で、8月末まで休養」と報じられました。ミュージカル『エア・ギア』はインラインスケートを履いたまま踊ったりアクションがあったりと激しいミュージカルのようでジャンプ台からジャンプをしたりするなどハードなものだったようです。そんな中で演出家の芽野イサムの無茶な演技指導で心を病んだという疑惑が持ち上がりました。

芽野イサムはアニメのミュージカルや劇団EXILE、D-BOYSの舞台などを手掛ける演出家ですが、記事によると

2012年、女優の神田沙也加は公演初日の前日に急遽舞台を降板。急性胃腸炎のために降板を決めたといいますが、その原因は厳しすぎるスパルタ指導にあったとされています。出演予定だった舞台『マクロス ザ・ミュージカルチャー』は、主要キャストのひとりである俳優・菊池卓也と脚本家も降板しており、指導を行う立場である演出家の茅野イサム氏に注目が集まりました。というものも、茅野氏がその前に演出を手掛けたミュージカル『エア・ギア』で主演を務めた鎌苅健太が公演後、病気を理由に芸能活動休止を発表していたからです。病気について詳細は明かされていないものの、鎌苅は茅野氏の厳しい指導によって心の病にかかったというウワサが後を絶ちませんでした

鎌苅健太は初座長でしたしプレッシャーもあったのかもしれませんが、芽野イサムが演出家の舞台は何人も病気を理由にして突如降板しています。

D-BOYSで活動していた中村優一なども表向きの理由は持病の腰痛が悪化したために、舞台『ラストゲーム』を降板していますが、本当の所は、うつ病になり芸能界を引退まで追い込まれたともいわれているようです。後に中村優一は芸能界に復帰しています。

舞台関係者の話では芽野イサムは、

とにかく厳しい人で、男女区別なく役者を叱りつける。
納得いかないと、たったワンシーンに一日かけることも。

一人がダメなせいで他の稽古も止まる。
これをやられると役者は精神的に相当追い込まれますね。

演劇界ではパワハラやセクハラが常態化しているようで、

女優の鈴木砂羽が演出を手掛けた舞台『結婚の条件』に出演予定だった女優2人が、「人道にもとる行為を受けた」として公演直前で舞台を降板したことが話題なり、土下座強要疑惑罵声疑惑を鈴木砂羽は公演初日の9月13日の終演後、涙を流しながら否定しましたそうです。女優の涙に価値はあるんでしょうか(笑)。この騒動について、

俳優の高橋克実がフジテレビ系『直撃LIVE グッディ!』で、

演劇の世界では普通ですから

こう発言し、パワハラではなく指導と訴えていたようです。ちょっと異常な世界のようです。演劇界は”厳しすぎる指導”がたびたび問題になっている業界のようですね。また鎌苅健太が降板後、代役の上山竜司が全治6カ月の複雑骨折をしたようで、

ジャンプ台から着地した際に腕を骨折する事故が起きたようです。骨が2本折れ、折れた尖った骨が、肉と皮を突き抜けるという大怪我でした。最悪の場合は切断もありうるとのことでしたが、大手術とリハビリを乗り越え見事復活したようです。大けがにも関わらず、芽野イサムが演出をかえすべての場面を作り替えるなどして一致団結し、全幕演じきったようです。

他にも松本寛也も鼻の骨を骨折するなど、通常では考えられない数の病人や怪我人を出したようです。また同じ時期に鎌苅健太はストーカー被害にあっていたのではとの噂もあるようです。熱狂的なファンに実家を突き止めて押しかけられたりとファンの間ではもっぱらの噂のようです2chには、

「ストーカーと言えば実家突き止めて凸したりしたヤツとかいたよね」

「ケンケンを見る機会が一気になくなっちゃったのは残念だけどまたすぐに復帰して元気な姿を見せてくれることを祈る」

「知ってるよーストーカーにあって精神病んでちょっと休業してたよね?」

激しい舞台やストーカー被害などにあい、うつ病になったため芸能活動を休止していたのかもしれません。そして一年後に復帰し、休止から三年後、ミュージカル『エア・ギア』の再々演で挨拶に立った鎌苅健太は、

みんながつないでくれたからここに立てました
と言い感極まって言葉に詰まっていました。
演出家の茅野イサムは、
3年前の、ああいうことがあったから、俺たちは強くなりました
と話し、後ろで聞いていた鎌苅健太は下を向いて泣いていたそうですが、どういう涙だったんでしょうか?悔し涙?うれし涙?疑惑が深まるばかりですね!!
いかがでしたでしょうか?鎌苅健太についてのまとめでした。最後まで読んでくれてありがとうございます。

コメント