春名風花の子役時代や声優はどんな役?しくじり先生に出演!

女優

女優の春名風花について

まとめたいと思います。

 

 

子役時代は

春名風花といえは”はるかぜちゃん”と呼ばれ

SNSなどで度々社会問題などを

取り上げて話題になっていました。

最近テレビ出演なども増えましたが、

実は子役時代をあまり知らないと

いう人も多いのではないでしょうか?

そのことについてまとめたいと思います。

子役経歴

春名風花は0歳の頃から

芸能活動を始めています。

 

 

当時母親がしていた育児ブログに

実名で登場しています。

 

0歳からモデルをしていたのには

お母さんのこんな思いからのようです。

 

親バカだったので、赤ちゃんの

写真があちこちに載るのがうれしくて

 

小さい頃は雑誌などのスチールモデル※として

仕事をしていたようです。

※企業広告などの写真のモデル

 

 

2005年頃はクレヨンに所属。

 

 

2009年2月にセントラル子供タレントに

移籍数したが数か月でクレヨンに戻る

2010年4月にスマイルモンキーに移籍

 

 

2015年2月1日にワタナベエンターテイメントに移籍。

同年12月舞台『TUSK TUSK』で初出演を果たす

 

 

2016年2月29日に

ワタナベエンターテインメントを離れる

 

2016年4月30日に

フリー期間を経て

プロダクション・エースに

預かり所属の形で移籍

2017年ごろに正所属となる。

 

子役の収入で生活費の食費と

家賃以外を賄っていたようです。

幼稚園代や小学校の学用品、修学旅行費、

バレエや塾などの習い事の月謝。

 

そのため弟とおもちゃの取り合いに

なったりするとお金を稼いでいることを

引き合いに出したり、おもちゃを弟から

お金で買っていたようです。

 

春名風花が『ぼく』を使う理由は?母親や弟との関係は?
今回は女優の春名風花(はるなふうか)についてまとめてみたいと思います。

 

子役活動

春名風花は泣き真似が

上手い子役として有名でした。

 

 

どんな状況でも涙を流せることから

『ウソ泣き少女』は『早泣き子役』とも

言われていました。

 

 

春名風花と知名度を上げる

きっかけとなったのはバラエティ番組の

『アカン警察』でウソ泣きを披露したことでした。

 

ウソ泣きは得意だったようですが

もともと積極的にしていたわけではなく

企画のために見本のウソ泣きをしたことが

評判になったことからのようで、

 

ツイッターで元々の理由に

ついて明かしていました。

 

ぼくがスタードラフト会議やアカン警察で

泣き芸をして出てきたと

思ってる人が多いんけど、

実は子役の仕事がまったく

なくなってヒマだったぼくが、

ピラメキーノの素人企画

『ウソ泣きできる小学生募集』の

見本をやったのが、

また仕事ができるようになったきっかけです(ω)

 

一時期仕事がなくなっていたというのも

驚きですが、これがきっかけになったようです。

 

 

ブレイクしたことに対しては、

 

ウソ泣き芸をさせて事務所が売り込んだとか、

ゴリ押しとかさんざん言われたけど、

まさかこんな芸でまたテレビに出る

ことになるなんて、

事務所も、親も、ぼくも、

企画したピラメキスタッフさんも、

だあれも予測してなかったですぬ(ω)ハハハハハ

 

本人も周囲も予想外だったようで

春名風花が言っている通り、

何がブレイクするか本当に分らないものですね。

 

 

子役時代の活動は

ブレイクした理由についてはわかったので

次は子役時代の活動を見ていきたいと思います。

子役時代 仕事

子役としてはドラマには

10本ほど出演しています。

 

春名風花の代表作と言えば

2012年に放送された

北川景子主演の『悪夢ちゃん』です。

 

 

主役ではありませんでしたが

存在感のある役で登場し、印象的でした。

 

 

 

他には、NHK Eテレで放映された

小学校3・4年生向けの道徳番組

時々迷名の第6回「バースデーの空」で

主演を務めました。

 

 

 

劇中では得意の泣きの演技も見られました。

ドラマでの活躍はいまいちのようですが

cmやバラエティなど他方面での活躍がみられます。

 

cm出演は松浦亜弥と共演した

パピコのcmや泣き芸を生かし、

けん ステーキハンバーグ&サラダバーcmに

出演しています。

 

 

 

他に13社ほど第一生命や花王など

様々なジャンルのcmに出演しています。

cmでは子役としてとても活躍していますね。

 

 

バラエティ番組でも泣き芸以外にも

生意気な物言いで人気を博してもいたようです。

 

 

ツイッターでの発言をまとめた本の出版もしています。

 

声優としての活動は

『エウレカセブンAO』

などに出演しています。

 

 

レギュラー出演こそ少ないですが

アニメだけにとどまらずゲームや

映画の吹き替えにも積極的に出演しています。

 

声優を頑張っている裏には、

 

どんなことでも真剣に、

手を抜かずにやっていたら、

いつかどこかで見てくれている人がいる

 

という思いからのようです。

 

声優としては経験も浅く

小さい役が多いようですが

こんな思いから精力的に

こなしています。

 

しくじり先生出演!!

大人になった春名風花が

『しくじり先生』に出演し

子役時代のことを赤裸々に告白しました。

しくじり先生

元・早泣き子役こと春名風花は

「大人に殺意を覚えさせたマセガキ先生」

としてしくじり先生に出演していました。

 

 

番組では子役時代の裏側が明かされ

デビューが0歳だったことや

3歳にして好きな言葉が現金であったり

5歳の宝物が100万円の給料明細だった

銭ゲバ”の子供だったことを明かしました。

 

 

子役時代の口癖も「ギャラの取り分何対何?

だったようでお金への執着はすごく

クリスマスプレゼントに

現金を要求していたようです。

 

 

春名風花の家はお金教育もしている

家庭で3歳の時にはお金を稼いでいる

自覚があったようで弟と喧嘩をした時には

 

ふうちゃんお金稼いでいるからね!。

 

とマウントをとっていたようです。

お金を稼いでいるほうが偉いという価値観

を当時1歳の弟に植え付けていました。

 

ですが勘違いもあったようで、

家の中にあるものは自分の

お金で買っていたと考えてしまっていました。

そんな勘違いもあり、銭ゲバ子になったようです。

 

お金が大好きな子供だったので税金で取られる

と確定申告がとても心配だったようです。

当時5歳とは思えない悩みですが

周囲の環境もそのような物だったらしく

子役同士でもお金の話をしていたようです。

 

ちなみにギャラの取り分は基本的に8対2で

かなり良い事務所だったようです。

 

早泣きでブレイクしましたが、

早泣きのギャラは1泣き5万円とのことです。

 

 

5万円というのは高い時だそうで

2万円くらいの時が多かったようです。

 

安いギャラで泣くときはお金を

価値判断にしていたために

感情を込めることに大変苦労したそうです。

 

学校生活では周囲と違い自分だけが

働いていることから話が合わなかった

そうでお金を稼いでいない子供たちの

ことを完全に見下していたようです。

 

実際にしていた見下し行動は・・・

・同級生が芸人のギャクをしていたら一切笑わずに

わたしその人とあって仕事したことあるし」と見下す

・給食を食べておいしいと言っている同級生対して

ロケ弁のまい泉のとんかつのほうがおいしいのに」と見下す。

・同級生に外での遊びに誘われても

「日焼けしたらドラマのつながりがおかしくなる」

と断り、「何が楽しいの?」と無料の遊具で遊ぶ子を見下す。

 

学校生活ではそうやって同級生を見下していた

春名風花ですが、国語の朗読をするときに

感情をこめて朗読するためクラス全員に笑われた

ことがすごいストレスだったようです。

 

子役だったため表面を取り繕うのは

上手だったようですが、

会話も思いつかずに孤立してしまい

心の隙間を埋めるために

もっとお金を稼ぎたいと思うようになりました。

 

そのため1円も稼ぎにならない学校を

無駄と考えるようになったようです。

 

ウソ泣きでブレイクしたことから

学校で人気者になるかと思いきや

学校で友達ではない人たちも興味を

持ってくれるようにはなったようですが

早泣きしてよと」言われていたようです。

 

そんな中で学校の先生に対してイライラするようになり

先生を見下していたり校長先生より稼いでいたことから

自分のほうが偉いと考えるようになったと言います。

 

そうしているうちに小学校5年生の時には

周りから距離を置くようになり、

完全に孤独になったようです。

 

幸い当時作った演劇部には

一人だけ友達がいたようですが

子役をやっていた自分には演劇に興味

のあった友達から見て付き合うメリットが

あるから仲良くしてくれたと考えていました。

 

 

それからSNSで

青少年健全育成条例改正に伴い

それについて意見したことがバズり

フォロワーが4000人に増えました。

そのことに味を占め、学校では

認められないうっぷんから

SNSにのめりこんだそうです。

 

バズらせるために様々な方法を

行っていました。

 

エゴサーチなども積極的にして

ケンカを吹っかけていたようで

そんなことをしているうちに

ついには殺害予告されるまでになったようです。

 

 

殺害予告だけではなく

アンチの人達から家にこんなものが

送られてくるようになりました。

 

 

他にも段ボールいっぱいの

おばさんの使用済みパンツが

贈られてきたこともあったようです。

 

そんなことがあるうちに

SNSで常にイライラしたり

熱くなっていたことを反省したそうで、

お金とSNSを手にしたことで人を全く

信頼しないしない子供になっていたことに

気づき、現実世界の人間関係を

大事にしておらず、コンプレックスもあり

孤独で心からつらかったそうです。

 

そうした経験からSNSにはまっている

人たちに伝えたいことが、

 

 

共感しあえることがあっても

SNS上の付き合いでは不特定多数と

関わることが出来ても濃い関係になることは

出来ないと思ったようで

 

 

SNSでの経験を通してそういった

考えに至ったようですね!!。

 

 

 

 

お金も大事ですが信頼できる

人間関係というのはもっと大事

なのかもしれませんね!!。

 

 

いかがでしたでしょうか?

春名風花の子役時代やしくじりの

過去についてのまとめでした。

コメント