宮沢氷魚の父と母も芸能人!目の色は父親からの遺伝!

俳優

ドラマ「コウノドリ」や

「偽装不倫」などでも話題の

水沢氷魚ですが、父親と母親も

芸能人で2世タレントのようです。

今回は宮沢氷魚の両親について

書いていきたいと思います。

 

父親 宮沢和史

水沢氷魚の父親は元THE BOOMボーカリストの

宮沢和史(みやざわかずふみ)です。

 

(画像引用:https://takupath.net/miyazawahio-father-theboom-song-968)

 

現在もシンガーソングライターとして

活動を続けています。

 

THE BOOMといえば「島唄」や

「風になりたい」などヒット曲も

多く、今でもカラオケの

定番曲として親しまれています。

 

 

水沢氷魚さんが芸能界を志したのも

この父の影響でこうコメントしています。

 

父が、この芸能界で“仕事がある”

ということがすごいですし、

デビューしてから長年、

そのポジションを維持し続けられている

父親をとても尊敬しています

引用:https://anincline.com/miyazawa-hio/

 

宮沢和史のライブをみたことで

いつか自分も人前に立って人を

感動させたいと考え、

大学生の時に自分で現在の事務所である

レプロエンターテイメントへ履歴書を送ったようです。

 

(画像引用:https://www.wowow.co.jp/detail/116160)

 

父親の宮沢和史さんからは、

 

厳しい世界だから頑張れよ。舐めたらヤバイよ

画像引用:https://www.oricon.co.jp/special/48279/

 

と言われているようです。

仕事を始めてみたことでその言葉の重みを

今まさに感じており、宮沢氷魚さんは

 

オーディションを受けていて思うんですが、

やっぱり仕事ひとつ取るのも難しいんですよね。

 

お父さんは、デビューして27、

28年になるんですが、

それをずっと維持している。

 

それはとんでもないことなんだなって

改めて思いますし、家族を支えることが

できるだけの仕事ができるっていうのも

すごいことなんだなって思うようになりました。

仕事を始めてみて、

お父さんのすごさを実感するようになりましたね。

引用:https://www.oricon.co.jp/special/48279/2/

 

お父さんがつけてくれた名前の由来のように

厳しさに負けずに頑張ってほしいですね!!。

 

(画像引用:https://www.mensnonno.jp/model/miyazawa/https://www.mensnonno.jp/model/miyazawa/)

 

個性的な”氷魚”という名前も釣り好きな

お父さんがつけてくれた名前だそうです。

 

宮沢和史さんが鮎の稚魚「氷魚」

からとってつけたそうです。

氷魚は、秋から冬という厳しい季節に

琵琶湖でとれることで有名です。

琵琶湖は冬になると表面が凍り、

氷魚はその中でも成長するので、

どんなに環境が変化しても強く生きていけるという

想いを込めて「氷魚」と名付けたといいます。

 

ちなみに、次男の海実(かいみ)、

妹の琉歌(るか)も宮沢和史が名付けたのだそう。

名前の由来は、釣り好きだったり、

沖縄好きからきているようです。

 

(画像引用:https://eiga.com/news/20200123/15/)

 

芸能界へ入る時には父親のことは伏せて

履歴書を送っていた宮沢氷魚ですが、

2世タレントや親の七光りとも

言われる可能性については

 

最初にそう言われるのは仕方ないと思っています。

でも、自分に実力があれば、

たぶん徐々にそういうことはなくなるはず。

 

だから、スタートは親の名前や力を

少し借りることになるかもしれないですが、

そこから成長して、いつかは自分ひとりで

やっていけるように努力したいです。

引用:https://www.oricon.co.jp/special/48279/2/

 

とても謙虚で前向きな性格の様です!!。

将来、父親のように活躍するのも近いですね。

母親 光岡ディオン

母親は光岡ディオン

父親が日本人で母親がアメリカ人のハーフです。

テレビの情報番組などでコメンテーター

などをしており、タレントとして活動しています。

 

(画像引用:https://socialnews.rakuten.co.jp/link/2219552)

 

神奈川県出身でパーソナリティー。

国際基督教大学教養学部語学科卒業し、

主として音楽番組やCNNニュース・日本語版の

ナビゲート役等を中心として活動していました。

 

1994年にTHE BOOMのボーカリストの

宮沢和史さんと結婚し、その年に宮沢氷魚さんを生んでいます。

結婚後も育児との両立をしながらタレント活動を継続している。

 

お母さんの性格は宮沢氷魚さんがいうには

常にハッピーな感じの人なので家の中は

とても明るいみたいです。

 

宮沢氷魚はアメリカ・カリフォルニア州

サンフランシスコ生まれ、東京都育ちで

母親の光岡ディオンさんの通っていた

国際基督教大学は水沢氷魚も通っており、

幼い頃からインターナショナルスクールに通い、

国内で高校を卒業した後は、

アメリカのカリフォルニア大学へ留学。

 

 

その後、国際基督教大学(ICU)へ編入し卒業されています。

母親がハーフなので水沢氷魚はクォーターです。

 

 

目の色はカラコン?!

(画像引用:https://placeuveneverbeen.co/humaneye-colors/)

瞳の色が明るいため、

カラコンを入れているのかと

言われているようですが、

父親ゆずりのようです。

目の色

クォーターの宮沢氷魚さんですが、

色素が薄いのは生まれつきのようです。

カラコンなどではなかったみたいです。

 

小さいころから目の色も髪の色も

明るい茶色だったようで、小さいときは

髪の色は今よりも、もっと明るい色をしています。

 

(画像引用:https://myfavoritetopics.net/archives/4918)

 

最初はハーフの母親の影響かとも

思いましたがそうではなく色素が

薄いのは父親からの遺伝のようです。

 

母親の光岡ディオンさんの

画像と比べて確認したいと思います。

 

こちらが光岡ディオンさんの若いころですが、

とても美人ですが目の色や髪の色は黒ですね。

 

(画像引用:https://music-life.fun/actor/miyazawa-hio-mother-who)

 

母親である光岡ディオンさんはハーフですが

髪も目も黒いのでやはり水沢氷魚さんが

クォーターだから明るい色を

しているわけではないようです。

 

宮沢氷魚さんの父親の宮沢和史さんも

色素が薄く目の色が明るいようです。

 

(画像引用:https://ourage.jp/column/topics/172043/)

 

髪は染めている可能性はありますが、

現在では髪は黒っぽいですね。

 

今の髪は黒っぽい宮沢和史さんですが、

若いころは今よりも顕著で髪も

目も明るい茶色をしています。

 

(画像引用:https://natural4women.jp/miyazawahio-menoiro/)

 

髪や目の色だけでなく顔つきもとてもよく似ていますね。

父親のライブで観客席にいるとファンの人たちから

息子かどうか尋ねられることが多いようです。

やっぱり似ていますから顔を一目

見ただけでわかってしまうようです。

 

宮沢和史を尊敬しそっくりな宮沢氷魚ですが、

芸能界を目指しても歌に自信がなかったため

父と同じ職業は選ばなかったようです。

 

宮沢氷魚は父親とそっくりなので画像で比較!父親の宮沢和史の歌は?
宮沢氷魚(みやざわひお)についてのまとめ。宮沢氷魚と父親の宮沢和史がそっくり?!宮沢氷魚は韓国のアイドルともそっくり??【BTSジミン/NCTジェヒョン】父親はTHE BOONの歌手だけと歌はヘタ?!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

宮沢氷魚についてのまとめでした。

コメント